政 策

豊かな足利市になるために,私に課せられた使命・・・・
足利市民が、今も、未来も右肩上がりの環境(経済環境と生活環境)を感じられるような施策を考え、実施に向け行動すること。


経済環境の問題

足利市の産業(工業・商業・農業)のほとんどが中小零細企業であり、現況下、決して報われていません。 足利の産業の特色を活かし、それらの産業にたずさわる人たちが元気になるような施策作り、及び実施が必要です。


生活環境の問題

足利市は現状、子育て支援や医療・福祉など万全ではありません。
赤ん坊からお年寄りまですべての方々が安心・安全に暮らせる施策作り、及び実施が必要です。


政策:人づくり

次世代を担う子供達に国際社会を行き抜く力を、社会を愛する教育を。

足利市内全11校にALTの配備を完了した現在、更なる英語教育の充実の為に外国人教師の配備、小学校への英語教育の充実を推進してまいります。
また子供達の不登校やいじめ問題などの根絶を目指します。


何故、英語教育が必要なのか?
現状の経済活動のグローバル化の中で、もっと多くの日本人が世界の共通語である英語が話せ、国際感覚を身につけていれば、経済活動ももっと活発化され、GDPも上げっていたのではないでしょうか? 少なくとも、大手企業への就職率は上がっています。


ご高齢の方々に心豊かな社会環境の実現を。

これまで医療拡充の為に新日本赤十字病院の早期建設の要望をしてまいりました。
今後も地域医療の拡充、機能強化、利便性の向上の為、更なる高規格救急車の配備、また新日本赤十字病院の医療サービスの充実のために指導及び要請を行なってまいります。
また小児科医・産科医の充実を図り、安心して出産・子育てができる医療環境の構築を目指します。


核家族から大家族化へ

少子化問題・子供のいじめやひきこもり・家庭内暴力・高齢者への健康管理の無配慮・近隣住民との無関心化等の問題は、核家族化が原因のひとつだと思われます。
自分・子供・親を巻き込んだ生活がこれらの問題を解決してくれるのではないでしょうか?
これらを踏まえ、核家族から大家族化への生活環境改善を推奨致します。


政策:物づくり

物づくりができる企業や新産業分野の推進を通して雇用の拡大を図り、一人一人の豊かな暮らし、市民の安心と安全を確立できる足利市。

雇用促進の基盤作りの為の制度融資の拡充に向け、産業観光部に対し、指導及び要請を行ないます。また中小零細企業・小売店への保障・貸付制度を拡充し、円滑な融資実行を図ります。
更に地域中小企業の再生・発展及び雇用拡充に向けた小規模工業団地の整備の推進を行なってまいります。


政策:街づくり

歴史と文化の薫る街、川と山との自然の調和。「足利市に住んで良かった」と思える街づくり。

歴史的文化遺産や景観を守り、文化的環境先進都市の構築を目指します。
安全に暮らせるよう、地域環境・地域設備・地域道路の整備をします。
また足利市の水害・雪害・地震などの自然災害への安全度をアピールし、転入を積極的に受け入れ、人口増加を促す施策を行なってまいります。


小さな市役所づくり

市政運営の効率化、及び財政の健全化の下、市議会議員の定数が24人に削減になりました。
今後は、更なる「無駄の撲滅」を目指し、職員の人員削減、事業選択による政策の実行、民間委託の推進をおこなってまいります。