議会用語の解説

議会では、普段あまり使われない議会用語とよばれる言葉がたくさんあります。ここでは、その中のいくつかを説明します。

委員会 本会議における議案や請願について、専門的、能率的に審査・調査をするための内部機関です。(常任委員会、特別委員会、議会運営委員会)
委員会付託

本会議で議題となっている議案などについて、所管の委員会などへ詳しい審査や調査を委ねることをいいます。

意見書

地方自治法第99条の規定に基づき、市議会は市の公益に関することについて、国会、国、県など関係行政庁に対し、議会の意思を意見としてまとめた文書を提出することができます。意見書の案は、議員が提出し本会議でその可否を決めます。

一般質問

議員が本会議で一般事務や将来に対する方針など市政全般について質問することをいいます。

延 会

議事日程の一部を議了しないか、または全部を終わらず、その日の日程を他日に延ばして会議を閉じることをいいます。

開 会

議会を開き、法的に議会が活動しうる状態に置くことです。

会 期

議会としての権限を行使し,法的に活動することができる期間のことで、本会議初日に会期の決定を行います。会期は本日から○月○日までの○日間という定め方をします。

会議時間

1日の会議時間は午前10時から午後5時までと会議規則に定められています。
尚、議長が必要があると認めるときは会議時間を変更することができます。

会議録

本会議の内容を記録したものです。
平成15年第2回臨時会以降の会議録は「足利市議会 会議録検索と閲覧」ホームページでご覧いただけます。また、平成16年第4回定例会までの会議録は、議会図書室、市民資料室、各公民館及び県立足利図書館でご覧いただけます。

会 派

同じ志や政策をもった議員の集まり(グループ)のことで、足利市議会では、会派成立要件を3人以上とし、会派を代表して代表質問ができます。

議 案

市長や議員が議会に提案する案件で議決の対象となるものです。予算、決算、条例、意見書、契約、人事などがあります。

議 決

議会の最も基本的・中心的な権限で、個々の議員の議案に対する賛成か反対の意思表明による議会の意思決定のことを議決といいます。可決するには、出席議員の過半数が原則となります。議案の内容により可決、否決、承認、認定、同意、採択、不採択などの呼び名があります。

議事日程

本会議の1日の予定表です。
議事日程に記載する事項は、会議の日時、会議に付する事件及びその順序が記載されます。議員、執行部、傍聴者にもその日の議事日程が配布されます。

決 議

意見書と同様に議会の意思を表明することをいいますが、決議は法律に基づくものではなく、政治的効果を期待して議会の意思を内外に明らかにすることです。

常任委員会

地方自治法第109条及び足利市議会委員会条例第21号第1条の規定により設置される委員会です。
足利市議会では、総務企画・民生環境・教育経済・建設防災の4委員会が設置されており、本会議で付託された案件をより詳しく審査し、本会議へその結果を報告します。

定足数

議会において、有効に議題を審議し、決定するために必要とされる出席者の数のことを定足数といいます。地方自治法において、本会議では、議員の定数の半数以上(14人以上)、委員会では委員の定数の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができません。

定例会

足利市議会は、年4回(3月、6月、9月、12月)召集されます。

特別委員会

特定の事項や重要な問題の審査や調査をするため、議会の議決により設置される委員会です。

傍 聴

本会議や委員会を議場で審議内容を聞くことで、足利市議会では一定の決まりを守っていただければどなたでも傍聴できます。
市役所本庁舎3階議場北側の傍聴者受付にて、受付簿に住所・氏名をご記入の上、ご入場いただけます。団体で傍聴する場合は、事前に議会事務局へお知らせください。(Tel.0284-20-2204)
また、本会議は「わたらせテレビ(ケーブルテレビ)」でも放映しています。

本会議

議場において、全議員の構成で行う会議です。議会としての権限等は、本会議に認められており、法律上の議会の議決、採択等はこの本会議で行わなければ法的な効力は生じません。

臨時会

定例会とは別に、必要に応じて臨時に招集される議会のことを言います。臨時会は特定の事件に限り、これを審議するために招集されます。